新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う
自由が丘「熊野神社例大祭神輿渡御」
開催中止のお知らせ

 自由が丘熊野神社神輿実行委員会は、今年9月5日・6日に開催を予定しておりました自由が丘「熊野神社例大祭神輿渡御」について、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、大変残念ですが開催を断念することといたしました。
熊野神社例大祭は、3体の花形神輿をはじめとする大小の神輿が自由が丘駅
前に一堂に会し、自睦会、碑衾神舞、天熊会の地元3団体の担ぎ手による仕切りで街を巡行する「連合渡御」が最大の見どころです。地元自由ヶ丘学園の協力も得て毎年盛り上がりを見せ、自由が丘の秋の風物詩として親しまれています。
実行委員会では、毎年約3000人の観衆と担ぎ手が集まる例大祭を開催した場合の密集、密接などの課題について検討を続けてまいりましたが、新型コロナウイルスの感染が首都圏などで再び拡大している現状から、完全防止策を取ることは難しいとの判断に至りました。
皆さまの健康と安全を最優先に考えた結果ではありますが、例大祭を毎年楽しみにされている方も多く、このようなお知らせをお伝えすることは断腸の思いです。しかし、祭りは皆さまの健康があってこそのもの。来年は皆さまのお力で、より素晴らしい祭りにできればと願っております。
2020年7月14日
自由が丘熊野神社例大祭
神輿実行委員会委員長
髙近 誠